不動産融資といっても色々な融資がありますが、不動産融資を利用しているという人も多いのではないでしょうか。たとえば不動産融資として住宅ローンを利用しているという人もいると思いますし、住宅だけでなく土地を購入する際に不動産融資を利用したという人もいるでしょう。不動産融資はどこの金融機関でもだいたいおいている商品ですが、消費者金融系の金融機関にはありません。
不動産融資を受ける際の流れとしては、まずは申し込みをしますが、その後誰でもすぐに不動産融資が受けられるという流れではなくてまずは信用情報機関で審査を受けることになります。信用情報機関で審査を受けて審査に通れば、不動産融資が受けられるのですが、審査の結果によっては、自分が融資してもらいたかった額よりも少ない結果になるということもあるようです。
不動産融資に関して素人はよくわからないのですが、不動産融資にも規則法というのが決められていて不動産融資の限度額などに関する法律がありますから不動産融資を受ける前にこの規制法を一度確認しておくだけでも不動産融資を借りる際に安心して融資を受けることができるのではないでしょうか。
不動産融資といえばアスティアという会社があるのですが、こちらは、不動産担保ローンも用意されています。不動産を担保に入れて融資を受けることが可能です。そのほかにも不動産つなぎローンなどもあります。

8財形融資

財形融資というのはどんな融資なのかというと、働いている勤務先で財形貯蓄をしている人を対象にしている公的な融資です。財形融資の条件としては、財形貯蓄を1年以上している会社員であることが条件で、申し込む場合には、雇用能力開発機構が勤務している先を通じた形で融資されるというものと、住宅金融公庫が直接融資するという二通りの財形融資の方法があります。
会社を通じて財形融資を利用するという場合には、転貸融資制度と呼ばれているのですが、こちらは働いている会社から申し込むことになるのですが、この財形融資には、ひとつ大きなデメリットがあって、もしもその会社を辞めるという場合には、借りていた財形融資を一括で返済しなければならないというリスクが伴いますから、安定してその会社で長く働き続けるといった人には財形融資は向いていると思いますが、やめる可能性があると思っている人は財形融資の利用は少し考えた方がいいかもしれません。
財形融資を直接借りる直接住宅融資制度を利用する場合には、自分が持つ住宅を購入したりリフォームする際にのみ融資が受けられるようになっています。財形融資の申し込み条件には年齢の設定もあり、申し込んだときの年齢が70歳以下の人という条件があります。