ブラック融資という言葉を聞いたことがあるでしょうか?金融機関の色々な情報を調べているとブラックという言葉を耳にする機会があると思いますが、それはブラックリストのことです。ブラックリストに載っている人というのは、どのような人なのかというと、融資ができない人ということになります。このブラックリストは本当に存在しているリストというわけではなくて、融資を受ける際に信用情報機関に問い合わせをして融資ができるかどうか審査しますが、その際に融資ができないと判断された場合にはブラック融資といってブラックリスト、つまり融資することができない人として判断されてしまうということになります。
しかしブラックリストに載っている人でも最近は融資してもらえるところが出てきたといわれています。たとえばブラックリストに載ってしまっている複数の消費者金融から借り入れのある人を救済するために、ブラックリストの人でも融資できるようにまとめるローンなども出てきていますし、ブラックの人でも融資してもらえる甘い審査の金融機関もあります。しかしブラック融資は普通の融資に比べると金利が高くついたりすることもありますから十分注意して借入しましょう。

2銀行の融資

銀行の融資といえば、個人で銀行から融資してもらうという人もいれば、法人で銀行から融資をしてもらうという人もいると思います。個人で銀行から融資してもらう場合には、たとえば融資してもらう目的が住宅ローンのためだったり、教育資金やマイカーローン、使途自由ローンなどもあります。銀行の融資を個人でしてもらう場合には、審査に通されて審査に通った人だけが融資してもらうということになりますが、銀行の融資審査は、他の金融機関の中でも厳しい基準になっているといわれていますから、他の金融機関で借り入れがある場合などには、少し融資してもらえないということもあると思います。
銀行の融資の目的は先ほど言いましたが、家を買うための住宅ローンのほかにも、土地購入のために銀行から融資をしてもらうということもあります。銀行で融資をしてもらうことが決まったら契約をしますが、信用保証協会の審査が通ってからの話になります。
銀行の融資の金利はほかの金融機関の融資に比べると比較的低めに設定されていることでも知られていますが、その分、審査が通りにくいということもあって、なかなか銀行から融資を受けようと思ったら信用されていることが大切になってきます。